HOME > フロアコーティングと併せて > 和室に白木コーティング

和室に白木コーティング

和室 白木コート

和室の白木コーティングはフロアコーティングより重要かも…

一般的にフロアコーティングが優先されがちですが、汚れを取るのが一番難しいのが和室の白木。

一戸建ての和室の白木は特にお薦め。
一戸建ての和室の白木は特にお薦め。のイメージ

日頃の生活で知らず知らずのうちに白木部分は戸当たりに触ったり、敷居部分をスリッパで踏んだりして黒ずんできます。一度汚れたら簡単に落とせないのが和室の白木。その他紫外線の影響もあり、日焼けした斑模様の柱になります。特に一戸建ての白木はマンションに比べ白木の質(桧やスプルス)が良く、白木の数量も多くなります。コーティングが施されてないと、落とすことができませんから、最初が肝心。

白木コートの施工方法は2通り

和室の白木コートには施工方法が2通りあり、プロでないとなかなかできない塗装方法と頑張ればご自分でできる塗装方法があります。

プロの施工方法
耐用年数10年 浸透型塗料使用
養生→洗浄→塗装→乾燥→研磨→拭取→塗装

白木の繊維の導管に塗料を染み込ませ、紫外線からの影響を妨げます。また、水分をはじめ醤油やお茶などをこぼしてもシミになりません。施工後はまったく艶はありませんので自然な風合いで和室のイメージを損ないません。

導管に浸透させる
お客様もできる施工方法
耐用年数2~3年 塗膜型塗料使用
養生→洗浄→塗装

白木の表面に蝋(ロウ)成分をエマルジョン化したもので艶がでます。紫外線をカットしてある程度の汚れはブロックします。施工性がよくどなたでも塗ることが可能。汚れが付いても汚れを落とすことはできます。ホームセンターにて「和室の白木コート」を購入することができます。

表面に膜をつくる