HOME > フロアコーティングとは

フロアコーティングとは

フロアコーティングとは

フロアコーティングとはのイメージ

主にフローリングを対象にした集成材のフロアに高耐久性の塗装を施したもの。塗装に求められる機能として、耐摩耗性、耐熱性、耐傷性、耐水性、耐薬品性などが備わったものであること。最近では様々のフローリングが開発されていることもあり、その対象物であるフローリングに対して塗装されたコーティング剤に密着性が求められています。この密着性は大変重要で、耐久性を大幅に上下させる要因とも言えます。コーティング剤がいくら優れていても、対象物であるフローリングに密着が完全でなければ「剥れ」を生じます。

ワックスとはなにが違うのか

フロアコーティングとワックスとの違いは下記の項目に大きな差がでます。

  • 耐摩耗性
  • 耐水性
  • 耐熱性
  • 耐薬品性
  • 耐傷性

一般的にワックスは一時鎬の美装であり、フロアコーティングはフローリングを保護する為の塗装と言われてます。

  • 耐久性(一回塗れば10年以上持続)
  • 耐熱性(床暖房にも対応)
  • 耐傷性(傷がつきにくい)
  • 耐薬品性(洗剤や薬品に溶けない)
  • 塗ったときは綺麗
  • 汚れが取れない
  • 半年もすればくすむ
  • 頻繁に塗りなおさないと…

フロアコーティングによって耐久性や性能が違う

フロアコーティングによって耐久性や性能が違う

フロアコーティングに求められる耐久性でもっとも大切なのは密着性と先程ご説明しましたが、これはその対象物であるフローリングに対して各々の密着性をサンプルにてテストすることが大切です。このテストを怠ると現場にて「剥れ」を生じることになります。より多くのサンプルを取り寄せ、密着性を確認することが現場での事故を防ぎ、耐久性を継続的に保つことにつながる。施工業者の良し悪しの判断材料にもなりますので、いかにテストを繰り返すか、その業者の努力が最も重要です。

次に耐久性を判断する基準として求められるのは耐磨耗性です。いくらピカピカで肉厚感があっても、すぐに磨耗して磨り減っていくコーティング剤ではスリッパや引っかき傷によってくすみやツヤボケが生じます。最初はピカピカできれいでも2、3年後にはなんだか寂しい状態となります。耐摩耗性に優れたコーティング剤の判断基準としてJIS規格では引っかき硬度試験というものがあり、なぜか三菱鉛筆を基準として鉛筆の芯にて(B,HB、H、2H、3H…)塗膜を引っかき、その剥れ方によって硬度をはかる方法があります。要するに硬いほど磨耗がしにくいと判断され、すり減りが少ないと言うことになります。

フロアコーティングによって耐久性や性能が違うフロアコーティングによって耐久性や性能が違うのイメージ

コーティング剤を選ぶポイントはこの引っかき硬度試験で高い硬度を表示した物が将来的にくすみやツヤボケを減少させ、磨耗を抑える効果が高いと判断します。
耐久性を判断するポイントとして引っかき硬度(H)が基準となりますがもう一つ耐久性を高める方法があります。それは大変単純なことですがコーティング剤の「厚み」です。塗膜の肉厚があれば多少磨耗が早くても擦り減っていくまでに時間を要する為、素地のフローリングに達することはありません。ただし柔らかすぎるとワックスを塗り重ねたものと代わり映えしないため、見た目の状態としてはくすみやツヤボケが著しく早くなるだけです。要するに適度な塗膜の硬さは必要になると言うことです。

耐久性は、引っかき硬度+塗膜の厚み

耐久年数が低下する原因はどこにあるのか

耐久年数が低下する原因はどこにあるのかのイメージ

フロアコーティングの耐久年数とは経年変化による磨耗(擦り減り)により、コーティングした膜厚がゼロになる状態のこと。

  • スリッパによる磨耗が原因
  • 椅子などの移動による磨耗が原因

フロアコーティングとワックスの磨耗の比較をした場合,ワックスの数十倍の耐摩耗性があり、塗膜の擦り減りが大幅に違いますがさらに耐久性をアップさせる方法があります。

耐久性アップの方法