HOME > フロアコーティングとは > 耐久性アップの方法

耐久性アップの方法

フロアコーティングの耐久性をアップさせるには


耐久性アップその1

 

スリッパの素材選びが大切!

flairスリッパの裏面素材はナイロン系ではなくフェルトタイプを使用する。

 

フロアコーティング後はスリッパの素材選び

 

 フロアを傷つけない工夫として日常使用するスリッパの裏面に砂埃などがないようにしてあげる事。しかしながらいつも清潔にしておくのは大変なことでもあります。そこでフェルトタイプのスリッパを履くことでザラザラした感じがおさまります。フローリングやフロアコーティングにとってザラザラしたスリッパはサンドペーパーで研磨していることと同じです。磨耗を軽減させれれば耐久性もアップ。細かな傷防止にもなり、床面を美しく保つ方法です。






耐久性アップその2

動かす家具はフェルトキャップを!

flair椅子の足にはフェルトキャップを履かせる。

動かす家具にはフェルトキャップ


フロアコーティング後はフェルトを敷く

フロアコーティングを施工した後は動かす可能性のある家具や電化製品に対してフローリングと接する部分にフェルトを敷きこんだりすることで、フロアコーティングの耐久性をあげることができます。なかでも椅子の可動頻度は最も高いため、フローリングやフロアコーティングを保護するには市販のフェルトキャップを履かせることが大切です。フロアコーティングの中でガラスコーティングが最も傷がつきにくいのですが、椅子の足にかかる荷重や椅子の足裏がザラザラしている場合はフローリング自体が凹んでしまったり、フロアコーティングが磨耗する頻度が高くなります。