1 Maple Blog

2015年1月31日 土曜日

床の色と、艶の関係【フロアコーティング】

フロアコーティングには様々な種類があり、仕上がり(見た目の艶感)にもそれぞれの特徴があります。

Gコート【ガラスコーティング】は落ち着いた艶感。
SGガード【シリコンコーティング】ではピカピカの艶感を表現できたり...
というのが基本的なお話です。

しかし、艶感に関してもっと掘り下げていくと例えば同じコーティングを施工しても床の色目によっても仕上がりの印象が随分変わることが分かってきます。

下の写真をご覧下さい。







上2枚の写真が濃い色目のフローリングにSGガードを施工した例。
下の写真が薄い色目のフローリングにSGガードを施工した例です。

こうやって見ると上の施工例の方が透明感のある艶感(ピカピカ)になっていることが分かると思います。
下の施工例は照明の写りこみは見えますが、上と比較すると艶が落ち着いていると思います。

皆さんもうお分かりでしょう。
濃い色目のフローリングにコーティングした場合のほうが艶は出やすくなります。
これはSGガードだけではなく、Gコートでも同じことが言えます。

皆様のお住まいの床はどんのお色目でしょうか?
メイプル社ではコーティングの種類だけではなく床の色目も考慮して最適なフロアコーティングをお勧めさせていただきます。
by斉藤

投稿者 株式会社 メイプル社 | 記事URL

2015年1月31日 土曜日

ザ・パークハウス新越谷へ現地調査【フロアコーティング】



今回は、ザ・パークハウス新越谷の内覧会に同行させていただき、
床材の状態確認や採寸などを行う現地調査に伺ってきました!



こちらのマンション、新越谷駅から徒歩3分、南越谷駅からも徒歩4分ということで
かなり立地が良く、利便性が高いのです。ちなみに、お引渡しは2月下旬とのことです。

さて、今回のお客様S様はフロアコーティング、エコカラット、鏡の施工です。

まずは床材の確認をしていきます。

かなり木目がはっきりしている床材でした。
このような床材はコーティングをすることで木目に沿って光沢が出てしまう可能性が高いので、Gコートの艶有りから、より床材の風合いを大切にした艶消しでの施工に変更することにしました。

次に、床材の状態の確認です。
いくら新築でも、大工さんが物を落としたり、何かを引きずってしまったり、、
ほとんどの場合、何か所か傷がついてしまっています。



例えば、こんな傷や・・・



こんな傷・・・。
細かく見ていくと意外とあります。
弊社では事前に傷を発見し、お客様にご説明させていただくことで
施工時のトラブルを少しでもなくせるように努めております。
基本的に補修が可能な傷は、全て補修をしてからの施工になりますのでご安心ください!


最後はエコカラットと鏡の採寸と、最終打ち合わせです。

今回はこの玄関一面にエコカラットと鏡を施工します。
エコカラットの種類は、実際に何点かサンプルを壁に合わせてみて一番見栄えの良いものに決定です。
色味で迷われているときは、実物を合わせてみるのが一番分かりやすくてお勧めですよ!

施工写真は後日アップしますので、ぜひ楽しみにお待ちください!


このように、現地を見てみないとわからないことってたくさんありますよね。
実際に、S様も、新築なのに床に傷があることや、フローリングの風合い、
玄関のスイッチの位置など、色々と想像していたものと違ったようで、
「現地を見てみないとわからないものですね!」とおっしゃっていました。

現地で最適なご提案をさせていただきますので、
ぜひともメイプル社にご用命くださいませ!

S様は2月下旬施工予定です。
ぜひとも最後までよろしくお願いいたします!

【フリーダイヤル】

・関東地区にお住まいの方:0120-701-226
・東海地区にお住まいの方:0120-713-059

                                          by大橋

投稿者 株式会社 メイプル社 | 記事URL

2015年1月30日 金曜日

名古屋市西区のへーベルハウスのお住まいにてGコート【ガラスコーティング】施工

名古屋市西区のへーベルハウスのお住まいにてGコート【ガラスコーティング】施工致しました。
今回のお客様のN様は2年ほど前に当社にてフロアコーティング施工したお客様からのご紹介でした。
当社のフロアコーティングを気に入っていただいた結果のご紹介ですから非常にうれしいしありがたいことです。

さてお住まいはへーベルハウスでしたが、すでにお引渡しも終わっているということでワックスがかかっていました。

最初はフロアコーティングを検討していなかったそうですが、お引渡し時にこのフロアを見て驚いたそうです。
ご覧の通りワックスへのすり傷がかなり目立っています。特にダーク系のフローリングですから少しスリッパで歩いただけでご覧の有様です。
そのため傷に最も強いGコート【ガラスコーティング】での施工となりました。

ワックスを剥離すると・・・

元々はこんなフローリングだったのです。
そしてGコート【ガラスコーティング】つや有りの施工後は、

ワックスとは透明感が全く違います。そしてGコート【ガラスコーティング】の場合、鉛筆硬度8Hという硬度により非常に傷がつきにくくいつまでもこの輝きが持続します。




台所まわりの汚れも簡単に取れますよ。

N様、このたびはありがとうございました。
今度はN様からのご紹介お待ちしております(笑)

by 寺島

投稿者 株式会社 メイプル社 | 記事URL

2015年1月30日 金曜日

春日井市 三昭堂のお住まいにてGコート【ガラスコーティング】

本日は春日井市 三昭堂のお住まいの施工例をご紹介します。

床材は大建工業のサンロードアートです。
ブログで何度もご紹介しておりますが、この床材はデリケートな床材の為施工には細心の注意が必要です。
詳しくは下記のURLをご覧下さい。

【サンロードアート】

いかがでしょうか。
ノウハウの無い業者を選んでしまうと取り返しのつかない大事故につながる可能性もございます。
メイプル社では既に多くの施工も完了しておりますのでご安心して施工をお任せ下さい。

では、Gコート【ガラスコーティング】の施工例をご覧下さい。

【ビフォー】


【アフター】


【ビフォー】


【アフター】


サンロードアートでお困りの方は是非メイプル社へご相談下さい。
最善のご提案をさせて頂きます。
by斉藤

投稿者 株式会社 メイプル社 | 記事URL

2015年1月30日 金曜日

【新着物件情報】プラセシオン赤池ファースト

本日は、プラセシオン赤池の工事状況をご紹介致します。

雨が降っており気温も低く、かなり寒いですね。全国的に見ると名古屋はまだ暖かい方のようですね。
こんな中でも工事は進みます。



前回は、窓ガラスから侵入する熱についてのブログでしたが、今回は逆の窓ガラスから外へ逃げる暖房熱についてご紹介致します。
冬場になると窓際が寒かったり、暖房があまり暖まらなかったりと寒い思いをしたことはありませんか。
これは、窓から暖房で暖まった空気が冷やされ、熱が外に逃げているのです。これを抑えるのが断熱フィルムです。
遮熱と断熱を混同してしまうことがありますが、明確には違うものです。(前回ご紹介したのは遮熱フィルムです。)

目的に応じてご提案させていただけるよう数多く商品を取り揃えております。お困り事がございましたらお気軽にご相談下さい。
by 酒井

投稿者 株式会社 メイプル社 | 記事URL

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28