1 Maple Blog

2011年7月31日 日曜日

シート系フローリングへのコーティング

最近特にマンションのフローリングに多く採用されてきているシート系フローリング。
もともとワックスフリーの床とうたっているため、マンションのオプション販売会などでも積極的に販売していないようです。
(とあるディベロッパーはフロアコーティング禁止だとか・・・)
事実、密着性の問題等で多くのフロアコーティング業者も手を焼いているそうです。
しかし、先日のブログでもお伝えしたとおりフロアコーティングはしたほうがいいに決まっているのです。
(7月12日のブログをお読みください。)

当社では独自の工法によりシート系のフローリング対しても全く問題なく施工できます。
さて本日はそのシート系フローリングにGコート(全つや)施工しました。
野村不動産のマンションです。(プラウドシリーズ)
全体的にはこんな感じです。














シート系のフローリングは全つやでも多少落ち着いた感じになりますね。

近くから見てみると・・・













テープで仕切ってある右側がビフォー、左側がアフターです。
照明器具の反射の違いが分かると思います。
こうやって見るとやっぱり全つやって感じがしますよね。

フロアコーティングにはフローリングの保護効果や美観効果のアップがあります。
今日のお客様は、どちらかというと保護効果をお望みでしたが、あまりの出来栄えの良さに大変喜んでいただきました。

ありがとうございました。













投稿者 株式会社 メイプル社 | 記事URL

2011年7月29日 金曜日

フロアコーティング業者選び①

毎日たくさんのお客様とお話していますと、さまざまなご相談をおうけします。
フロアコーティングの種類、性能、耐久性、価格・・・などはもちろんですが、その中でも一番多いのが「どの業者さんに依頼すればいいの」というご相談です。
いま、ヤフーやグーグルで「フロアコーティング」と検索すると無限に業者が出てきます。確かにこれでは迷うのも当たり前ですよね。
そこで、私Tからのアドバイス!

業者選びの極意
① 地域密着の直接契約・責任施工体制か?
検索上位の業者はフランチャイズが多く、営業は電話・メールのみ、施工は下請けに丸投げ。
今検討している業者はちゃんとお客様宅へ説明に来ましたか?現場を事前に確認しましたか?
当社はお客様と顔を合わせた営業・施工を実施しております。

こんなこと当たり前じゃないのと思う方、残念ながらそうではない業者がたくさんあります。
そういった業者全てがだめというわけではありません。
しかし、大切な財産であるお家を預ける以上会ったこともないような人よりは顔の見える人に任せたほうが安心ですよね。

そもそも、事前にお客様にお会いしないとか、現場をチェックしないなんて住宅業界では考えられないことです。

お客様だってフロアコーティングというカタチのないものを、ホームページやサンプルだけでは判断できませんよね。

これからご検討されるお客様は是非この点を少しだけでも意識してみてはいかがですか。

今後業者選びの極意について連載していきたいと思います。




投稿者 株式会社 メイプル社 | 記事URL

2011年7月23日 土曜日

いまお住まいのお宅にも...

こんにちわ。営業の斉藤です。
今日は、わが地元日進市(メイプル社も日進市にあります)
で施工がありました!


お住まいになってからフロアコーティングをご検討されたお客様で
ワックスを数回かけられていてかなりこってり...
しかもかければかけるほど作業は大変に!!!
そういった経緯もあって今回お問い合わせを頂きました。


作業終了後、現場を見に行くと......
予想以上の仕上がりに感動happy01
ワックスはもちろん、長年の汚れも一緒にリフレッシュしてとてもキレイに!
お客様にもとても喜んでいただきまして、板を張り替えたみたいにキレイと!


こちらが、ワックスのかかった状態...
つやがある部分とない部分でムラになっています。






こちらが施工後!
ムラがまったく無くなって程よいツヤ感に!!




このように、お住まいになった後でもフロアコーティングは施工可能です。
長年の汚れのリフレッシュ!してみませんかshine
ご相談いただければ、必ずご満足していただけるご提案、仕上がりをご用意しております。

投稿者 株式会社 メイプル社 | 記事URL

2011年7月19日 火曜日

ご入居中の皆様へ...

ここ最近、既にご入居のお客様からのお問い合わせが多いです。

やっぱり梅雨が明けて、晴れ間が多くなるとリフレッシュといったところでしょうか。

フロアコーティングというと新築の時にという考え方が多いのですが
(もちろん新築の時に施工していただくのが一番いいのですが)、
残念ながら新築時にフロアコーティング施工できなかった皆様、
あきらめないで!!

お住まいになってからでも今の季節なら問題なく施工できます。
(フロアコーティングの乾燥は気温等に左右されやすいので、夏場のこの時期は狙い目です)

そこで問題となるのが、家財道具。

でもご安心ください。
お客様にとって面倒な家具の移動からお戻しまで、ご依頼いただければ全てメイプル社のスタッフにて行います。
お客様は、朝一番でお買い物等にお出かけいただき、夕方お戻りいただいた時にはピッカピカの状態にびっくりされることでしょう。

今まで一度も床のメンテナンスをしたことがない方、
今までは自分でワックスがけをしていた方、
最近床の汚れやしみが気になりだした方、

あらゆるニーズに応えていきます。

ちなみに最近施工したお客様のビフォーアフターを掲載します。


まだ、築2年お家ですが、つやもなく全体的にくすんできています。



SGガードによりつやがアップし部屋全体が明るくなりました。
お客様も大変ご満足の様子でした。

投稿者 株式会社 メイプル社 | 記事URL

2011年7月12日 火曜日

最近のフローリング材について

今日は少し専門的なお話を・・・

従来フローリングといえば、当たり前ですが木製でした。

ところが5年位前からシート系フローリングというものが徐々に使用されてきています。これは突板の代わりにオレフィン系などの印刷されたフィルムを貼ったものです。
シートですから摩耗や衝撃には非常に弱く、その弱さを補うためにEBコートという加工がされておりそれにより強度を持たせています。

そしてこれらの床は一般的にワックスフリーとかノーワックスフロアーなどと呼ばれています。
ところが、板と板の合わせ目からの水分の浸透はどうしても防げません。

フローリングの弱点はまさにこの点です。

実際フローリングメーカーの施工説明書には継ぎ目にはコーキングをしてくださいと指示してあります。ところが、残念ながらこの指示どおり施工してあるケースはほとんどなく、継ぎ目部分は無防備状態なのです。

また、ワックスフリーとうたいながら「ワックスを塗る場合は・・・」と説明書きもされています。やはりフローリングメーカーも何らかの保護措置が必要だと感じているのではないでしょうか。

このタイプのフローリングは浸透しだしたのがまだまだ3年前後なので謎が多いようですね。

当社ではシート系フローリングにおいても、多数の実績がございます。
今度の新居にはフロアコーティングって必要なのかな?と心配な方は今すぐご相談を・・・
最適なアドバイスでお応えします!!

投稿者 株式会社 メイプル社 | 記事URL

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28