Gコートの性能表

 試験項目  試験方法  結果
 塗布液  Gコート  
 基材  JIS K5600-1-4 試験用標準試験板準拠 SUS304、研磨  
 硬化条件  常温7日以上経過後試験  
 厚膜(μm)  JIS K5600-1-7 膜厚準拠  4μm
 鉛筆硬度  JIS K5600-5-4 引っかき硬度(鉛筆法)準拠
 条件:三菱鉛筆ユニー、角度45°、荷重750g
 8H
 耐傷性  スチールウール試験
 条件:♯0000,荷重500g×100往復
 傷なし
 付着試験  JIS K5600-5-6 付着性(クロスカット法)準拠
 条件:1mm方眼100個、セロテープ剥離テスト、付着目数/100
 100/100
 耐衝撃性  JIS K5600-5-3 耐おもり落下性準拠
 条件:落球試験機(デュポン式)、質量500g、高さ30cm,t=0.6mm
 異常なし
 耐屈曲性  JIS K5600-5-1 耐屈曲性(円筒形マンドレン法)準拠
 条件:折り曲げ試験装置(タイプ1)、6mmφ、t=0.3mm
 異常なし
 耐水性  JIS K5600-6-2 耐液体性(水浸漬法)準拠
 条件:①50℃温水10日浸漬、②80℃温水2時間、③30分煮沸
 評価:k5600-8 塗膜劣化の評価、鉛筆硬度、付着試験
 異常なし
 8H
 100/100
 耐湿性  JIS k5600-7-3 耐湿性(不連続結露法)準拠
 条件:50℃×98%×240時間
 異常なし
 耐酸性  JIS k5600-6-1 耐液体性(一般的方法)準拠
 条件:点滴法、5%硫酸水溶液24時間
 異常なし
 アルカリ性  JIS k5600-6-1 耐液体性(一般的方法)準拠
 条件:吸収媒体法、水酸化カルシウム飽和溶液24時間
 異常なし
 耐溶剤性  JIS k5600-6-1 耐液体性(一般的方法)準拠
 条件:浸漬法、50℃10分、溶媒:アセトン、メタノール、トルエン
 評価:k5600-8 塗膜劣化の評価、鉛筆硬度、付着試験
 異常なし
 8H
 100/100
 耐ラビング性  ラビング試験
 条件:荷重500g×10往復、溶媒:アセトン、メタノール、トルエン
 評価:K5600-8 塗膜劣化の評価
 異常なし
 耐熱性  JIS K5600-6-3 耐加熱性準拠
 条件:80℃×200時間、評価:K5600 塗膜劣化の評価、測色
 異常なし
 △E=0.5以下
 耐寒性  条件:-18℃×72時間
 評価:K5600-8 塗膜劣化の評価
 異常なし
 冷熱繰返  条件:80℃×2時間→-18℃×2時間、10サイクル
 評価:K5600-8 塗膜劣化の評価
 異常なし
 促進耐候性  アイスーパーUVテスター
 条件:100mW,60℃、70%RH,200時間
 評価:K5600-8 塗膜劣化の評価、K5600-4 測色、光沢度保持率
 異常なし
 △E=0.5以下
 95%以上
 燃焼性  ガスバーナーで塗膜面を燃焼させる(1000℃程度)  不燃
 耐汚染性  汚染物質に20℃で24時間接触させた後、溶剤で拭き取る
 条件:油性マジック黒、赤、評価:目線観察
 異常なし
 耐塩水性  K5621 一般さび止めペイント準拠(鉄板、銅板、Mg板)
 条件:塩化ナトリウム溶液、96時間浸漬
 異常なし
 表面抵抗(Ω)  JIS K6911 熱硬化性プラスチック一般試験方法準拠
 条件:常態(C-96/20/65)、電圧DC500V、PC板(Control 10の17乗)
 10の12乗
本結果は実測値であり、製品の性能を保証するものではありません。